【パワプロ 】真・超特殊能力とは?査定は?

どうも、テトラです。

パワプロTVで特殊能力の上位互換が発表されましたね。

どんな能力でしょうか?

どのような査定になっているのでしょうか?

新しい能力にドキドキが止まりませんね!

詳しくみていきましょう。

真・特殊能力は長くわかりにくいので、青特、金特特別するため虹特と当サイトでは呼ばせていただきます。

真・特殊能力とは?

新特殊能力とは超特殊能力(金特)の上位互換です。

通称虹特と呼ばれています。

リリース当初は「真アーチスト」と「真怪童」の2種類が追加されました。

真・特殊能力はどうやって取得できる?

新特殊能力はどうやって取得できるでしょうか?

パワプロTVの表がわかりやすかったので、引用させていただきました。

アーチストのコツを持っているだけではなく、アーチストを取得した状態で、コツ取得イベントを起こす必要があります。

ですので、2つ目のアーチスト取得イベント発生前に下位コツとアーチストを取得しておきましょう。

真・特殊能力の査定は?

現在(2019年3月4日)でリリースされている虹特の査定をご紹介します。

真・アーチスト

真・アーチストの単独査定は168です。

パワーヒッター+アーチスト+真アーチストの合計した査定は…

70+28+168=266

メモリでいうと19メモリですので、2ランクも上がらない程度です。

査定としてはいい方なのですが、筋力経験点を多く使うので査定効率はあまりよくありません。

真・怪童

真・怪童の単独査定は468です。

ノビ+ノビ◎+怪童+真・怪童の合計した査定は…

72+108+108+468=756

メモリでいうと21メモリ、つまり2ランク上がる計算になります。

ノビコツや怪童のコツレベルによりますが、比較的査定効率の良い方だと思います。

怪童キャラには、有能な堂江や往田、パピヨンなどがいます。

現状、真アーチストよりも怪童の方が注目度は高そうです。

まとめ

今回はパワプロアプリの新しいランクの特殊能力「真特殊能力(虹特)」についてまとめてみました。

これから、虹特が増えるたびに記事も更新していこうと思いますのでどうぞ、お見逃しなく!

The following two tabs change content below.
テトラ

テトラ

パワペディ編集者のテトラです。パワプロ歴10年の中堅パワプラー!アプリに限らず、2018のマイライフ、栄冠ナインなどもやりこんでいます。「サクチャレ最高10位」「シナリオ会長」の経験と知識を活かした記事を執筆してきたいです。(みやびん推し)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

テトラ

パワペディ編集者のテトラです。パワプロ歴10年の中堅パワプラー!アプリに限らず、2018のマイライフ、栄冠ナインなどもやりこんでいます。「サクチャレ最高10位」「シナリオ会長」の経験と知識を活かした記事を執筆してきたいです。(みやびん推し)