【パワプロアプリ】能力割り振りメカの使い方と実践結果の分析

能力割り振りメカ

どうもティーケーです!

この記事ではパワプロアプリ5周年記念で実装された「能力割り振りメカ」について解説していきます。

能力割り振りメカ」は現状配布されたものしか手に入れることはできません。

そんな「能力割り振りメカ」について実践した結果なども交えて解説していきます。

ティーケー
2020年4月27日からの「なみきの時限BOX」の対象に選ばれています!この機会に是非「能力割り振りメカ」を試してみてくださいね!

【注目】パワストーンを格安で手に入れる方法がある!?

能力割り振りメカの使い方に関する基本情報

能力割り振りメカ
  • 能力の割り振りをサポートしてくれるアイテム。
  • 所持しているだけで効果があり、割り振りの回数に制限はない
  • 現状アイテムショップで購入することはできない
  • 能力や特殊能力はランダムに現状の経験点に応じて割り振られる。
  • 上限アップや査定などは最優先で意識されていないと思われる。

【参考】能力アップの参考に!?特殊能力一覧表

能力割り振りメカ

このような形で通常使用することはできません。

能力割り振りメカ

能力割り振りメカ」をセットしてスタートすると、通常「おまかせ」ボタンはグレーになっており選択することができませんが、選択できるようになります。

投手と野手の能力振り分け画面の違い

投手の割り振りメカの画面について

投手の場合、まず「おまかせ」ボタンを押すと「スタミナ」を重視した割り振りにするかどうか確認されます。

スタミナ直上げのキャラが多い場合などは避ける方が無難だと思います。

能力割り振りメカ 能力割り振りメカ

このような形で確認画面が出るので、選択肢を間違えた場合でも戻ることができます。

またここで「はい」を選択しても、「確定ボタン」を押さない限りリセットできます。

納得いかない場合は再度ポイントを獲得した後だと結果が変わることもあります。

能力割り振りメカ 能力割り振りメカ

もし上記の画面で「いいえ」を選択すると「スタミナ」を重視せずに経験点を能力や特殊能力に割り振ることができます

野手の割り振りメカの画面について

野手の場合は「おまかせ」ボタンを押すと以下のような画面が出ます。

能力割り振りメカ

こちらの画面で「はい」を押すと以下のような画面が表示されます。

能力割り振りメカ

このような形で確認画面が出るので、選択肢を間違えた場合でも戻ることができます。

またここで「OK」を選択しても、「確定ボタン」を押さない限りリセットできます。

もし気に入らない能力値だったらリセットしてまた経験点を貯めてから「おまかせ」を押しましょう。

能力割り振りメカを使用するメリット

スタジアムイベントの特効選手を育成するときに便利

スタジアムイベント時には「特効選手」と呼ばれるイベントを有利に進めるためのボーナス付き選手を作る機会が度々あります。

特にスタジアム系のイベントではチーム全体作り直さないといけないという時もあるので、いちいち能力画面で能力を割り振るのが面倒というケースが発生します。

そんなときに「能力割り振りメカ」をセットしてサクセスをプレイすれば、そのわずらわしさから解放され、スムーズに特効選手作成が行えます。

ここほれガンダーイベントに便利

ここほれガンダーのイベントでは、そのセクション毎に獲得した経験点に応じて宝箱の種類に影響するので、選手の数を作りたくてもいちいち経験点を振り分けて獲得経験点を消費してから選手を作成しなくてはいけませんでした。

しかし「能力割り振りメカ」があれば、セクションごとに「おまかせ」ボタンを押しておけば簡単に経験点を処理できて、選手数を作るときに便利です。

能力割り振りメカを使用することのデメリット

アイテム枠を1つ使用してしまう

これが最大のデメリットです。サクセス中に回復アイテムなどを持ち込む枠が一つ減ってしまうので「ガチ育成」には向かないアイテムです。

能力割り振りが査定を意識していない

能力割り振りは「査定」は最優先されていないので「ガチ育成」には向きません。たまにこんな割り振り方する?というケースもあります。

【実践編】能力割り振りメカを実際に使用してみた結果

選手作成条件

  • 育成は「アンドロメダ学園」で実施。
  • 育成は「野手」で行う。
  • コツを取得しても自力でつぶさない
  • 経過解説の際、特殊能力は省いてあります。
  • 振り分けタイミングはどれかの経験点が800点以上になったときに行う。
  • デッキは執筆当時のイベントを意識した特効デッキで行う。
能力割り振りメカ

1回目の能力割り振り結果


ティーケー
筋力ポイントと敏捷ポイントが多めに獲得できていたのでパワーと走力に多めに回っています。特殊能力は取得無しでした。

2回目の能力割り振り結果

能力割り振りメカ
能力割り振りメカ

ティーケー
今回も筋力ポイントと敏捷ポイントが多かったため、パワーと走力に偏った上昇値になっています。ここで精神ポイントを使う特殊能力を少し取得していました。

3回目の能力割り振り結果

能力割り振りメカ
能力割り振りメカ

ティーケー
ここも筋力ポイントと敏捷ポイントが多めに取得できていた為、パワーと走力に偏っています。ここで金特数個や特殊能力もそこそこ取得していました。

4回目の能力割り振り結果

能力割り振りメカ
能力割り振りメカ

ティーケー
筋力ポイントが多めなのにもかかわらず、パワーを100にしようとしません。その分肩力と特殊能力に振り分けられていました。

5回目の能力割り振り結果

能力割り振りメカ
能力割り振りメカ

ティーケー
最終確認画面での能力割り振りでしたが、特殊能力優先で「捕球」と「守備」は割り振られていません。

能力割り振り最終結果


能力割り振りメカ
能力割り振りメカ
能力割り振りメカ

ティーケー
全体的に偏った獲得経験点だった為選手能力も偏ったものになってしまいました。しかし、獲得していた金特のコツはすべて自動で取得しています。

能力割り振りメカを使用した実践値の分析

今回の実践で傾向として出てきたポイントをまとめてみます。

  • 能力と特殊能力の割り振りは打撃・走塁系が優先されている?守備能力である「肩力」「守備力」「捕球」が後回しにしている感がある。
  • 上限アップが対象の数値を「102」にせず「101」で止めている
  • 金特の取得は割と優先している?
  • 獲得ポイントさえしっかりしていればそこそこの選手は作成できそう。
  • 「ゲガしにくい〇」ではなく「ケガしにくい◎」まで取得していることから、ポイントが余っていれば査定お構いなしに取得する傾向かも?
ティーケー
今回の実践は野手版でしたが投手編も実践してみると傾向が違ったものが見れるかもしれません。皆さんも特効選手の作成などに「能力割り振りメカ」を活かしてみてくださいね!
The following two tabs change content below.
アバター

ティーケー

パワプロは4~始めて、22年目の古参ユーザーです!パワプロシリーズで好きなキャラは東條。 シナリオがバラエティーに富んで飽きない作りになっているところがパワプロの好きなところです。特にパワプロ8のドラフ島編は最高でした。 自身がもつ経験や知識を最大限に使って魅力ある記事を提供していけるように日々頑張っています!




能力割り振りメカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パワプロは4~始めて、22年目の古参ユーザーです!パワプロシリーズで好きなキャラは東條。 シナリオがバラエティーに富んで飽きない作りになっているところがパワプロの好きなところです。特にパワプロ8のドラフ島編は最高でした。 自身がもつ経験や知識を最大限に使って魅力ある記事を提供していけるように日々頑張っています!