【パワプロアプリ】小早川凛子(こばやかわりんこ)の性能

小早川凛子

RKです。

ついに、ラブプラスコラボ2人目である小早川凛子が実装されました!

イベキャラの絵も非常にかわいく仕上がっており、ラブプラスファンは非常に嬉しいのではないでしょうか!

そんな小早川凛子の性能を見ていきましょう!

 

小早川凛子の基本情報

得意練習 彼女キャラ
イベント前後 後イベント
金特 大打撃(野手)
暴れ球(投手)
覚醒 SR:コントロール上限アップ(最大2)
PSR:イベントボーナスアップ(最大20%)
役割 ガード

※現在、覚醒は行う事が出来ません。今後のアップデートで可能になります。

 

SR,PSRテーブル

LV1
初期評価15(SR)、20(PSR)
イベントボーナス30%
イベント体力回復量30%
練習ケガ率ダウン1
練習体力消費量ダウン10%
LV5 初期評価25(SR)、30(PSR)
LV10 イベントボーナス40%
イベント体力回復量40%
LV15
練習体力消費量ダウン20%
LV20 練習ケガ率ダウン2
LV25 イベントボーナス50%
イベント体力回復量50%
LV30 初期評価45(SR)、50(PSR)
LV35
味方なんでしょ?
(一緒に練習すると体力消費ダウン)
練習ケガ率ダウン3
LV37
(SR+1)
初期評価50(SR)
LV40
(SR+3)
初期評価55(SR)、60(PSR)
LV42
(PSR+1)
イベントボーナス60%
イベント体力回復量60%
LV45
(SR+5)
(PSR+3)
イベントボーナス70%
イベント体力回復量70%
LV50
(PSR+5)
イベントボーナス80%
イベント体力回復量80%

 

小早川凛子の長所

先に実装されたラブプラスコラボキャラの高嶺愛花と同様に、自己紹介イベントにて評価が+15されます。他の一般的な彼女キャラよりも告白ラインまで評価を上げるのが楽になるので、早い段階で告白イベントを発生させやすくなります

デートは1~5回目全て体力とやる気が回復でき、クリスマス、バレンタイン、告白でも体力が回復するため、非常に扱いやすいと言えます。

イベント選択肢によっては投手で敏捷経験点を40以上貰えるので、敏捷を大量に消費する金特を取得しやすくなります。

また今後のアップデートで、覚醒をすることでコントロール上限が付くことが決定しているため、投手育成で必須な要素が揃っていると言えます! ※現在は覚醒できないので注意。

デート4回目で金特を得られ、デート5回目で大量の経験点を得られるという面白いキャラであり、今後役に立つシチュエーションがあるかもしれません。(金特とデート5回目はSR以上限定)

 

小早川凛子の短所

二股をするとエピローグで経験点を貰えません!現在の投手ガチ育成で二股をする事は無いですが、イベント特効選手を作る時などは注意が必要です。

投手で得られる金特が暴れ球であり、ストレートがナイスピッチでなければ狙った所から少しずれてしまうので、カウントを取りに行く際は変化球を使うなど配球に気を付ける必要があります。

 

後イベント、コントロール上限持ち彼女比較

後イベントでコントロール上限持ちの小早川凜子の対抗馬として、須神絵久と百屋縁の2キャラが挙げられます。現環境投手最強シナリオのマントル中央高校で使用する事を想定してキャラ性能比較をしていきます。

コントロール 金特単独実査定 敏捷(Lv35) デート回復
小早川凛子 最大2(SR覚醒) 174 40 1,2,3,4,5
須神絵久 2 228 20 1,2,3,4,5
百屋縁 最大4(PSR覚醒) 166 0 1,2,3

 

小早川凜子は今後のアップデートでコントロール上限を付ける事が可能となりますが、最大まで上げなければ2になりません。堂江と眉村道塁の2キャラと併用して査定の上がるコントロール106を実現するにはフルに覚醒させる必要があります。

覚醒みずきを併用したコントロール111を目指す場合は、百屋一択になります。

敏捷経験点は小早川凜子が一番多く貰え、他のキャラで敏捷をそこまで補わなくても良くなるので、選手キャラの選択肢は須神絵久より幅広くなりそうです。覚醒無しでも敏捷を貰えるキャラとして扱う事も一応可能です。

イベントやデートの回復回数が多いので、育成が安定しやすくなると考えられます。

そのかわり金特査定がやや低く、元々金特査定の高い須神やコントロール106を堂江との組み合わせで実現可能な百屋と比較すると、育成できる選手の査定最大値は落ちるでしょう。

※覚醒前の考察になるため、今後のシナリオや追加キャラによっては変動する可能性があります。

 

まとめ

小早川凜子を待ち望んでいた人は、是非この機会に入手したいですね!

性能面でも、先に実装された高嶺愛花より実用的であると考えられます。

ただし現環境を一変させるような強さではないので、課金はあまりしないけど査定の高い選手を作りたい、という人は今回のガチャを引くのは控えた方がいいかもしれません。



小早川凛子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください