【パワプロ2018】栄冠ナインの選手育成攻略のコツまとめ

どうも、テトラです。

皆さんは据え置きのパワプロをやっていますか?

据え置き版のパワプロの人気コンテンツといったら栄冠ナインですよね!

監督になって甲子園優勝を目指すのは、かなり斬新でワクワクするストーリーです。

しかし、かなり難易度が高く熟練したプレイヤーでも連続優勝は難しいです。

今回は、5年連続名門をキープし、優勝を果たした筆者がコツをご紹介いたします!

今回は…

オンラインストレージなどを使ったリセマラを使用せずに、そのままできる裏技などをご紹介いたします。

栄冠ナインの攻略のコツ

栄冠ナインには、各シリーズごとに攻略の仕方が変わってきます。

今作「栄冠ナイン2018」はエラーが多く、長打が出にくい傾向にあります。

ですので、バントや盗塁、スクイズを駆使して得点を稼ぐ、スモールベースボールがオススメです。

それを踏まえた、2018年で通用する育成攻略のコツをご紹介します。

投手育成のコツ

投手は3年間ある世代のうち1人は転生もしくは天才選手が欲しいです。

あげる能力が多いので、基礎値が低い投手は諦めて野手に転向させましょう。

基礎能力が高い選手は以下の順番で能力を上げましょう。

①変化量

栄冠ナインの投手は、変化量によって打たれやすさが変わります。

スライダー変化量4+フォーク変化量3より、フォーク変化量7の方が防御率が高くなりやすいです。

横方向より、下方向の方が打たれにくい傾向にあります。

②コントロール

コントロールもある程度上げないと四球が多くなり自滅してしまいます。

初めはE、地区予選にDあれば十分でしょう。

甲子園出場になるとAがないとしんどいかもしれません。

③スタミナ

最初はスタミナを上げれないので、継投で使っていきす。

完投の方が経験点は多くなりますが、スタミナは上げやすいの、無理にあげる必要はありません。

自然に上がるのを待ちましょう。

④球速

球速は打ち取ったり三振を取るのにかなり重要です。

しかし、普通の練習で球速+1するのはかなり経験点が必要です。

そんな上げにくい球速ですが、試合にもらえる経験点では必ず+1になります。

ですので、球速は普通の練習では上げずに、試合後の経験点で上げていきましょう。

野手育成のコツ

栄冠ナイン2018では、エラー率がかなり高くなっています。

加えて長打率がかなり低くなっています。

その特徴に合わせた育成がオススメです!

捕手や遊撃手などの守備の要に転生か天才選手が欲しいでしょう。

①捕球

まずは絶対に捕球を上げましょう。

今作では捕球が低いと高確率でエラーをするような仕様になっています。

できればE45、地区予選までには全員D50以上必要になります。

ファーストも捕球が低いと後逸するので、二遊間と一塁手は優先しましょう。

②守備

守備も捕球と同様です。

守備を上げていないと、守備での動作が悪くなってしまいます。

二遊間は必ずC以上にしておきたいです。

③走塁or肩

守備の動きや、盗塁などが決めやすくなります。

今作は長打がかなり減っているので、バントなしでどこまで塁を進めるかで試合の勝敗が分かれます。

走力が上がっていると打球にも追いつくため結果的な守備力の上昇にもつながります。

ポジションによっては先に肩をあげるのもGOODです。

④ミート、パワーと弾道

最後に打撃能力を上げます。

弾道2、ミートD、パワーEあればホームランは入ります。

弾道は全員2で大丈夫です。

ミートは出来るだけ上げましょう。

長打は狙わず、出塁率をあげることに意味があるので、パワーは一番最後に上げましょう。

弱い選手は弱いまま?

何年も栄冠ナインをしてると、どれだけ能力が高くても全然打たない選手に遭遇することがあります。

なぜか、打たない選手は万年打たないようです。

打てないと試合後の経験点が少なかったり赤得能がついたりし、悪循環に陥ります。

そういった選手は早めに諦めて、別の選手を注目したりアイテムを使ってあげたりすることをオススメします。

どうしてもこの選手を使いたい!!という場合は、右打ちと左打ちを変えたり、バッティングフォームを変えたりすると、成績が稀によくなります。

内気を育て「魔物」を狙う

どの栄冠ナインのシリーズでも「魔物」が最強です。

7回以降などの全員操作できるタイミングで発動しましょう。

しかし、内気なキャラでも魔物の発動確率はそこまで高くありません。

ですので、スタメンに2〜3人、代打要員でベンチに2〜3人いると確実に魔物が発動できます。

ミートと走力が高い選手は積極的に性格を魔物に変えていきましょう。

まとめ

今回は、栄冠ナインの育成についてまとめてみました。

簡単に振り返りましょう。

  • 投手は変化量が大切!試合が多い月は球速メインで育成!
  • 野手は守備力→機動力→打撃力の順番であげる
  • 魔物はベンチに確実に欲しい

栄冠ナインはすごく奥が深く、1記事ではコツを書ききれません。

機会があれば、試合や立ち回りのコツも書いていきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください