【パワプロ】全力学園高校の野手テンプレとオススメデッキ

全力高校

tkcom1877です!

今日は全力学園野手のデッキ考察について書いていこうと思います!

私自身全力学園は投手育成でお世話になったことが多いのですが、現環境での野手デッキを考えてみました!

何種類か考えてみましたので是非ご参考にしてみてください!

全力学園5上限デッキ

バージョンアップを重ね、パラメータ基本値も5種類パワーを除く)が上限突破が行われていますよね。

マントル学園実装時でのイベキャラで、5上限デッキを組んでみました。

野手5人+彼女1人5上限デッキのイベキャラ紹介

イベキャラはLv45以上前提で提案しています。
柳生
  • ダッグによる大量の精神Pt。
  • Lv45以上で試合経験点UP効果。
  • イベントによる『モテモテ』or体力回復。
  • 追加イベント成功で下位コツ習得or失敗で大量の逆境ゲージ獲得。
冴木
  • ダッグによる技術Ptと精神Ptの獲得。
  • 守備上限UP。
  • 試合経験点UP効果。
  • Lv50で練習効果30%UP。
霧崎
  • ダッグ練習による筋力Pt獲得。
  • 自操作の試合を有利にできる『読心術(不確定)』
  • 捕球上限UP。
  • Lv45で試合経験点UP効果。
黒セイラ
  • ダッグ練習による敏捷Pt獲得。
  • 肩力上UP
  • Lv50で練習効果30%UP。
志藤
  • ダッグ練習による筋力Pt獲得。
  • ミート上限UP。
  • 回復イベントが多い。
黒戸
  • 走力上限UP。
  • イベントで『センス〇』獲得可能性or『いいやつ』取得可能。
  • 黒セイラとのコンボ。
  • 彼女キャラの中でも獲得経験点が多い。

*太字は上限UP以外にオススメの要素*

全力学園での立ち回りポイント

このデッキ最大のメリットは、2人以上のダックトレーニングを狙いやすい点にあります。

不足しがちな精神Pt、敏捷Ptをダッグトレーニングで稼ぎやすいのはかなり大きいです。

しかし、『牛若丸』『スイープ』『一番槍』の金特は敏捷Ptをかなり消費しますし、走力・肩・守備・捕球も同時に大量のPtを消費してしまいます。

これを解消するには全力練習の際、走塁での発動や、走塁のWダッグを意識して行うことである程度解消しますが、正直かなり運を求められるのが実践してみての率直な感想です。

技術pt・筋力pt・精神ptは『冴木・志藤』とのダックも更に意識して行えば不足しにくくなりますよ!

ダッグトレーニングがないときに、監督との練習を意識しながら行えば監督評価の方もカバーできると思います。

このデッキのデメリット

  • 金特不確定のキャラ(霧崎・志藤)二人いるので獲得が不安定。
  • ダッグ不発による敏捷Pt不足。
  • 敏捷を消費する金特も複数あるため、敏捷Ptの獲得を最優先に考える必要がある。

全力学園4種上限(走力除く)デッキ

先ほど基本値5上限の提案を行いましたが、そちらはあくまで『最大値』を考えた場合の提案です。

相当ツボにハマらないとかなりポイント不足に落ちいる可能性が高いデッキです。

ここで紹介するデッキは上限突破を4上限に抑えて安定性を図ったデッキ提案です。

野手5人+彼女1人4上限のイベキャラ紹介

イベキャラはLv45以上前提で提案しています。

 

岸田
  • ダッグによる大量の精神Pt。
  • ミート上限UP。
  • イベントによる『一掃』コツor体力回復。
才賀
  • ダッグによる技術Ptと筋力Ptの獲得。
  • 初期評価が高く早くダッグが発生できる。
  • Lv50+フル覚醒で練習効果大量UP。
霧崎
  • ダッグ練習による筋力Pt獲得。
  • 自操作の試合を有利にできる『読心術(不確定)』。
  • 捕球上限UP。
  • Lv45で試合経験点UP効果。
土村
  • 肩力上限UP。
  • 獲得経験点がエピローグを含み、選択肢によっては上位になる。
  • イベントによる『世渡り上手(確定)』習得。
志藤
  • ダッグ練習による筋力Pt獲得。
  • ミート上限UP。
  • 回復イベントが多い。
冴木
  • ダッグによる技術Ptと精神Ptの獲得。
  • 守備上限UP。
  • 試合経験点UP効果。
  • Lv50で練習効果30%UP。

*太字は上限UP以外にオススメの要素*

全力学園の立ち回りポイント

このデッキ最大のメリットは、彼女キャラ『土村乃夢』による特殊能力『世渡り上手』を確実に習得できることです。

これは監督評価がシナリオ金特習得に関わる、全力学園サクセスにおける投手・野手共通の最大のメリットです。

走力の上限突破を外したことにより敏捷ptにも余裕が生まれます。

打撃キャラ5人編成による大量の経験点の獲得や、志藤と霧崎の走塁Wダッグも、そこそこの敏捷ptを獲得できるとおもいます。

先ほどの5上限同様敏捷ptは稼げるタイミングで最優先で稼ぎましょう!

前イベ打撃キャラを誰がいいか悩んだのですが、大量の精神Pt・『一掃』のコツ獲得・回復イベありなどを考慮し岸田にしました。

このデッキのデメリット

  • ダッグ不発による経験点不足。
  • 走力を上限値まで上げる必要がない為敏捷Ptが節約できるが、敏捷ボーナスを持った選手がいないため、獲得を意識しないと足りなくなる。
  • 土村の選択肢によっては獲得経験点は上がるが、回復量がかなり減ってしまう。

デッキ考察のまとめ

登場時は、野手・投手共に最強を誇った全力学園ですが、マントルやエビル高校の登場により全体の使用頻度は下がってきているとおもいます。

しかし、デッキの組み方次第でまだまだ楽しめる高校ですよ!

シナリオ金得の習得の簡単さ、安定感など他の高校より勝っている部分もあります。

ぜひ全力学園でサクセスしてみてくださいね!



全力高校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください