【パワプロ】強化海堂学園高校の攻略方法まとめ

強化海堂高校

どうも!tkcomです!

今パプロアプリ界では、世紀末な高校とか、採掘作業にいそしむ高校とか、魂回収に励む高校など現実世界とはかけ離れた高校が席巻しています。

しかし、現実世界では春の甲子園が近づいてきていますよね!今回はそんな甲子園を特に連想させる海道高校の強化版の攻略方法を解説していきます!

通常バージョンとの違い

金特の違い

獲得金特(通常) 獲得金特(強化)
・アーチスト(大河編成時のみ)
・ドクターK(大河編成時のみ)
・復活(イベント開催中のみ)
・大盤狂わせ(イベント開催中のみ)
・低球必打
・伝説のサヨナラ男
・重戦車・内無双
・超尻上がり
・ジャストフィット
・アーチスト(大河編成時のみ)
・ドクターK(大河編成時のみ)
tkcom
こちらを見てわかる通り、通常バージョンの場合現状では大河編成時のみにしかシナリオ金特を獲得することができません。

金特の入手方法

  1. 合宿中の特訓を3種類クリアする。
  2. 地方大会での「全打席ホームラン」「無失点」などで習得。
  3. 甲子園大会中のブレイクスルーで獲得。

ブレイクスルーの強化と得意練習追加

強化海堂はモブキャラに得意練習が追加され、編成イベキャラには2種類目の得意練習が追加されます

正直モブキャラがダッグできるようになったところで、あまり得点には影響は出ません。

しかし、編成したイベキャラに2種類練習目がつくのは大きなメリットですねランダムなのが不確定要素ですが・・・。

そして通常のブレイクスルーより、かなりの恩恵があります。(写真参考)

2種類練習が追加されますが、基本的にはメイン練習を固めたデッキが攻略には有効です。

相棒キャラのエールダッグ強化

通常のエールダッグ+ブレイクスルーはキャラ一人分の効果程しかありません。(写真はモブキャラとのダッグなのでさらに効果が薄くなっています。

単純な比較とは言えませんが、強化後のエールダッグ+ブレイクスルーは強化前とは雲泥の差です。強化後の海堂では相棒が強力と言わざるおえません。その為一人はデッキに入れた方がよい結果になりやすいです。

3週同一練習後イベントの強化

3週同一の練習を行えば強化前と同様、特別イベントが発生します。各キャラのイベントが強化前より獲得経験点の大幅な上昇が確認されています。

tkcom
各キャラによるステータスの直上げは強化前と同じです。しかし獲得経験点が上がったことにより、高校固有のキャラを入れないでも高ランク選手の育成に向いている状態になることができました。

海堂高校の共通項目

共通の内容
  • 合宿の存在は継続。
  • 茂野セット以外での練習試合敗北でゲームオーバー。
  • 3週連続同一練習でイベント発生の条件(効果自体は大幅アップ)
  • 3週連続同一練習イベント回数の制限(5回まで)
  • 「休む」や「遊ぶ」などのコマンドでのストイックゲージ現象

強化海堂高校のシステム攻略のまとめ

相棒の種類も増えてきましたし、相棒も実装されたときより評価も上がっている為、今もう一度強化海堂高校が実装されれば今人気が出る高校だと思います。

以前の相棒ガチャで茂野大吾のPSRが実装されたときに、一時期話題になりました大吾LV50デッキも、強化海堂がもう一度実装されれば猛威を振るうことまちがいありません。

大吾の固有能力のダッグ倍率を上げる効果は、海堂強化のエールダッグ強化と相まってすごい結果を残すのではないでしょうか?

相棒抜きの編成でも、ブレイクスルーの強化により得意練習固めのデッキがかなり相性が良いので、相棒キャラ無しでも高ランクの選手を作成できると思います。

再度の強化海堂高校登場に期待しましょう!

The following two tabs change content below.
アバター

tkcom1877

パワプロは4~始めて、22年目の古参ユーザーです!パワプロシリーズで好きなキャラは東條。 シナリオがバラエティーに富んで飽きない作りになっているところがパワプロの好きなところです。特にパワプロ8のドラフ島編は最高でした。 自身がもつ経験や知識を最大限に使って魅力ある記事を提供していけるように日々頑張っています!



強化海堂高校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パワプロは4~始めて、22年目の古参ユーザーです!パワプロシリーズで好きなキャラは東條。 シナリオがバラエティーに富んで飽きない作りになっているところがパワプロの好きなところです。特にパワプロ8のドラフ島編は最高でした。 自身がもつ経験や知識を最大限に使って魅力ある記事を提供していけるように日々頑張っています!