【パワプロ】円卓高校の最強野手デッキ

円卓野手デッキ

こんにちは、ナカガワです。

今回は2017年12月14日に配信された円卓高校の野手デッキについて考察していきましょう。

円卓高校が配信された当初は、主流であった支良洲に並ぶ高校でした。

そんな、円卓高校も「今となっては恵比留や全力に劣るでしょ」という方もいらっしゃると思います。

確かに円卓高校には少し短所がありますが、他の高校に負けない長所も持っているんです!

ということで円卓高校の長所と短所を踏まえたうえで、私が思う円卓最強野手デッキについてご説明していきたいと思います。

円卓高校の長所と短所

始めに長所について触れていきましょう。

実力重視

まず始めに円卓高校ははっきり言って難しいです。

とにかく考えさせられます…笑

しかし、それこそが円卓高校の魅力であり、楽しい部分だと私は思います!

全力高校などは全力練習で大量経験点を稼ぐ運的要素が含まれます。

しかし、円卓高校では練習レベルを考えてデッキを組んだり、エピックマスを取るタイミングを考えたりと、実力が重視されるサクセスだと感じます。

そのため、しっかり考えてサクセスを進めていくと、ちゃんと結果で応えてくれる、円卓高校はそういった実力重視型のサクセスなのです。

限界がある

反対に短所はある程度の限界がある点です。

円卓高校はタッグで大量経験点をとるタイプのサクセスではないので、ある程度の限界が出来てしまいます。

円卓高校の長所では、考えれば結果で応えてくれるサクセスと述べましたが、逆に他のサクセスは考えなくても「たまたま」強い選手が出来る場合があるといったことでもあります。

なので、円卓高校では、今いる選手を大幅に更新したい方にはあまり向いていないかもしれません。

円卓野手最強デッキ

さて、これらの長所と短所を踏まえて円卓高校の野手デッキについて述べていこうと思います。

円卓必須キャラ

円卓高校の野手を作成するうえで外せないキャラがいます。

望戸です!

望戸 紅

望戸は円卓のサクセス固有キャラなので打撃練習のレベルが1アップします。

それ以外にも最初のエピックで聖遺物が貰えたり、精神練習で体力管理ができたりと円卓には必須のキャラなんです!

最強デッキ

さて、望戸の重要性が分かったところで最強デッキについて考えていきましょう。

私が思う野手最強デッキは望戸入り上限3種デッキです!

円卓野手デッキ
代替キャラ

津野田 ミート上限アップ、久根 初回聖遺物出現、[メガネ]東条 筋力タッグ、荒方、打撃・筋力タッグ

各キャラの役割

エプ志藤
ミート上限、打撃タッグ、優秀なコツ敏捷タッグ
望戸
打撃練習レベルUP、エピック聖遺物確定、メンタルタッグで体力回復、試合経験点
鳴海
エンタクルスで敏捷を稼ぐ、練習効果UP
相良
捕球上限アップ、デートで体力回復
冴木
守備力上限アップ、打撃タッグ、精神タッグ練習効果アップ、試合経験点
才賀
打撃タッグで技術と筋力を稼ぐ優秀なコツ
エプロン 志藤玲美

【パワプロアプリ】[エプロン]志藤玲美(しどれみ)の評価!

2018年10月6日
覚醒才賀

【パワプロ】覚醒才賀はなぜ強い?オススメデッキも紹介。

2018年6月9日

望戸、冴木の精神練習、相良のデートを使って体力管理しながら、打撃タッグでエンタクルスを進めていくという流れです。

このデッキで金特6個+サクセス金特3個+3種上限解放できればSS3以上を狙えます

ただ、問題になってくるのが守備・捕球で使う敏捷と、査定的に最低限必要なパワーに使う筋力が足りない可能性があることです。

エンタクルスの経験点マスは得意練習に依存します

よってこのデッキではエンタクルスでの筋力獲得は望めません。

なので私は才賀の筋力ボーナスで補っています。

才賀がからむタッグは積極的に狙っていきましょう

実際これだけでもなんとかやっていけますね笑

一方、敏捷は鳴海のサブ練習が変化球なので野手の場合、敏捷がエンタクルスのマスに出現します。

ですがそれだけでは足りないので、エピックなどの進行状況を考えながら志藤との走力タッグを狙っていきます。

私の経験上セク4からでも充分間に合うと思ってます。

まとめ

ここまで私が実際に使っているデッキで話を進めてきました。

円卓高校はデッキや立ち回りを理解すればSSを超える選手を作りやすいです。

望戸を持っている方や他のサクセスで行き詰まった方は是非試してみてください!



円卓野手デッキ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください