【パワプロ】リンの性能。イベント報酬の相棒キャラ!

リン

RKです。

今回紹介するのは、北斗の拳コラボキャラの1人、リンです。

世紀末ヒャッハー伝説2の目玉報酬になります!

相棒キャラの中では珍しい性能をしているキャラなので注目です!

リンの基本情報

得意練習 相棒(得意練習なし)
イベント前後
野手金特 アーチスト
投手金特 みなぎる活力
基礎上限 なし
役割 ガード
覚醒 なし

相棒キャラと、取得できる金特がパワプロTV内で先行公開されました。

SR,PSRテーブル

LV1 SR:初期評価15
PSR:初期評価
以下SR、PSR共通:
タッグボーナス40%
イベントボーナス30%
イベント体力回復量30%アップ
LV5 初期評価25(SR)
LV10 タッグボーナス60%
LV15 練習体力消費量10%ダウン
LV20 ケガ率ダウン2
LV25 イベントボーナス50%
イベント体力回復量50%アップ
LV30 初期評価45(SR)
LV35
タッグボーナス80%
LV37
(SR+1)
精神ボーナス4
LV40
(SR+3)
ケーン!!来ちゃだめ~!!
(タッグ経験点倍率アップ)
精神ボーナス8
LV42
(PSR+1)
LV45
(SR+5)
(PSR+3)
試合経験点アップ10%
LV50
(PSR+5)

海堂コラボの睦子以来の精神ボーナス持ちの相棒キャラです。

世紀末北斗高校を意識した作り

野手金特は何とアーチスト。

世紀末北斗高校でもアーチストをセクション2で取得できるので、真・アーチストを取得することが出来ます。

他の北斗キャラ同様の恩恵を受ける事が可能であり、必殺技アシストも可能なので、北斗高校では是非とも入れたいところ。

親交イベントを行わずとも金特を得る事が可能なので、練習に専念できるのもグッド。

必殺技アシスト

 

リンの長所

一緒に練習イベントで体力回復

一緒に練習イベントで体力を10回復出来ます。(SR35基準)

練習後のランダムイベントなので確実性は無いですが、体力維持が重要な高校では重宝します。

 

親交イベントをしなくても金特取得可能!

他の相棒キャラは親交イベントを3回行うことで金特を入手できますが、リンの場合は親交イベントの回数に関わらずエピローグで金特を取得できます

他の金特取得イベントと被らないので、確実に真・アーチストを取得できるという安心感もあります。

親交イベントを行っている余裕の無い世紀末北斗高校では、大きなメリットになります。

親交イベントを行わなくても金特が取れる相棒は今のところリンのみとなるので、この独自性が他校でも輝く可能性はあるかもしれません。

エピローグ

 

 

リンの短所

イベント経験点は少ない

エピローグ経験点が他の相棒よりもオール20点少なく(SR35基準)、親交イベントは3回分用意されているものの経験点は少ないです。

マントル高校で親交イベントを行うと星石が得られるといったように、親交イベントを行う事がメリットとなる高校では他の相棒キャラの方が良いでしょう。

 

 

まとめ

世紀末北斗高校で使えといわんばかりの性能であり、親交イベント無しでも金特を得られる独自性のある相棒キャラです。

世紀末北斗高校でのガチ育成はリンを入れてもかなり厳しいですが、親交イベント無しという特性が他校で生きてくる可能性は大いにあるので、余裕があればイベントで取っておいてもいいかもしれませんね。



リン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください