【パワプロ 】オススメ走塁キャラと敏捷ボーナス!

走塁キャラ

どうも、テトラです。

2017年末あたりから新環境に変わりつつあり、日の目を浴びるようになった得意練習があります。

それは走塁練習&キャラです。

人権すらなく、走塁キャラというだけで無能扱いw、されていた時代からどう下剋上したのでしょうか?

なぜ、走塁キャラが必要になったかの経緯とオススメをご紹介します。

なぜ、走塁キャラが必要になったのか?

やはり新環境になったことが原因でしょう。

新環境については詳しくは下で解説しますが、走塁キャラの需要が出てきた理由は…

(1)アヘ打が主流になり、敏捷ポイントが不足しがちになったになった。

(2)守備上限と捕球上限により、さらに敏捷ポイントが不足しがち

の、2つです。

新環境1:デッキの流行り

現在の野手育成のデッキは得意練習が打撃のキャラを複数入れること(アヘ打)が流行っています。

デッキ

打撃練習だと、筋力、打撃、精神は入手できますが、敏捷だけ取得できません。

そのためデッキに1人か2人は走塁キャラを入れる必要が出てきました

筆者の意見ですが、守備固め(アヘ守備)が時代を築いていたら、走塁キャラは必要なかったと思います。

新環境2:基礎能力の上限と必要経験点

単純なゴリラ(パワーミートだけの選手)がすべてだった時代から、長い時を経て、基礎能力上限突破によりオールSを目指す時代に変わりました。

ランクの高い選手を目指すなら基礎能力の上限突破のS1以上が必要になってきます。

そのため、守備や捕球をはじめとする、敏捷が必要な能力も上げなければスタメンの更新ができなくなってきました。

今まで入りにくくても気にしなくて良かった敏捷ポイントがこれまで以上に必要になり、敏捷を補うために走塁キャラが必要になったのです。

基礎値Sのオール100を目指すには…

筋力2600

敏捷2600

技術2600

精神2130

必要です。

実は技術と同じくらい必要でした。

オススメの走塁キャラは?

今回は、今の環境である全力高校と円卓高校向けのオススメ走塁キャラをまとめてみました。

エプロン志藤玲美(エプレミ)

エプロンシドレミ

ミート上限持ちの打撃走塁キャラです。

現環境の基礎を作っているキャラと言っても過言ではなく、打撃走塁固めの全力高校にはかかせない存在です。

基礎ボナは筋力なので筋力キャラを入れなくてもパワーをあげれる環境も作り出し、練習効果により経験点をさらに引き上げます。

デメリットは、金特が不確定で不足しがちな敏捷を消費してしまうことです。

しかし、デメリットを忘れさせるほどの強キャラですので、是非、シドレミ+他の走塁キャラという編成で使ってください。

灰塚朔夜

灰塚朔夜

別verではなく通常verです。

じわじわと筆頭を現してきたthe走塁キャラ。

高い敏捷ボナに加え、タッグ100、やる気、試合経験もありテーブルは文句無しのキャラです

金特は不確定ですが、比較的軽い金特で、成功率も高めなので使いやすいです。

高ランクの人も使用しているキャラですので一度、使ってみてください。

花散院ユウ

花散院

走塁キャラの下剋上といったらこのキャラでしょう。

走塁メンタルキャラとして、相容れない基礎ボナを持っており、最初はゴミ扱いをされ一年以上放置されていました。

そして、全力高校が登場し下剋上を果たしたのです。

捕球と守備の上限が出て、不足しがちだった敏捷と精神のどちらも補える基礎ボナを持っています

得意練習も現環境の第一線の冴木とシドレミに被るという相性の良さです。

デメリットは金特が不確定なのと、敏捷ボナをかなり消費してしまうことです。

しかし、それでもかなり使えるキャラですので一度上限してみましょう。

鳴海悠斗

鳴海

走塁キャラでも、敏捷ボナも持っていない鳴海ですが、実は円卓高校では走塁キャラに匹敵する有能キャラです

鳴海は変化球がメインの得意練習なので、円卓の野手で使用するとエンタクス上の経験点のマスが変化球→敏捷に変換されます

ですので、環境の中心の打撃キャラであり、環境必須の敏捷をも補える有能キャラなのです。

まとめ

変わりつつある環境のなかで、必須級となりつつある走塁キャラをまとめてみました。

元々、走塁キャラ自体、強いキャラが少ない部門でした。

しかし見落としていた強キャラや敏捷持ちの新キャラが出てきています。

是非、これからのテンプレの流行に乗り遅れないよう走塁キャラもデッキに入れてサクセスしましょう。



走塁キャラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください