【パワプロアプリ】タイトルホルダー盗塁編(嫌がらせ投手と鉄壁の捕手)

RKです。

今回も、現在イベント開催中である、タイトルホルダー盗塁編についての記事です。

前回は、特効選手作成のポイントをお伝えしました。

今回は、特効選手の他に作っておくとライバルに差をつけられる!という選手について紹介していきます!

特効選手以外は、イベントが始まった後も自由にオーダー変更できるので、今からでも始められる対策になります!

甲斐キャノン(強肩捕手)を作ろう

今年の日本シリーズMVPとなり話題となった、甲斐拓也選手の代名詞。

それをも上回るスーパー捕手を作って、マッチングした相手の盗塁を阻止しましょう!

是非とも取得したい能力はこちら。

  • 肩、守備、捕球101
  • バズーカ
  • ストライク送球
  • 魔術師
  • 積極守備

全てを満たす選手を作るのはかなり難しいですが、作成すれば相手に嫌がられること間違いなし!

 

 

嫌がらせ投手を作ろう

これに関しては2パターンの投手が考えられます。

  • 球速170キロ、走者釘付で絶対走らせない豪速球投手

走れるものなら走ってみろ!という投手です!

ただし、相手のPSR神良の効果で絶不調になると走者釘付が発動しないので注意。

 

  • 球速激遅、緩い変化球で絶対に打たせない軟球投手

普段は150キロを超える投手と対戦してばかりなのか、球速が遅い投手の方がタイミングが取りにくくて打ちづらいというユーザーが圧倒的に多い!

変化球中心があるとなお良し!

打たれたら盗塁は仕方ない。だけど簡単には打たせないぞ!という戦略になります。

 

そして、究極の嫌がらせとも言えるのが、挑戦者ではない方の大谷翔平のオリジナルストレート

大谷のイベントが成功すると、自分の好きな名前のストレートを作る事が出来ます!

ストレートの名前を、超スローボールにしたり、ウエストにしたり、SFFにしたり・・・

こうすることで、相手の選手が読心術や看破を発動した際に惑わせる事が出来ます!

忍者菊池(鉄壁の内野手)を作ろう

嫌がらせの捕手、投手を作るという発想は、割と誰でも思い浮かぶもの。

本気で勝ちにいくなら、内野手も鉄壁にしよう!忍者と呼ばれ、カープを、日本を幾度となく救ってきた菊池選手の様に。

今回はミート打ち限定ということもあり、内野の守備機会も増えると予想されるため、余裕がある方は作っておくと相手に嫌がられることでしょう!

内野手の守備と肩が悪いと、投球前に飛び出したランナーが盗塁成功してしまうというケースを確認しています!

スタメンで青染め内野手を使用している場合は要注意!

 

次の記事にて、盗塁操作のコツについてお話します!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください