【パワプロアプリ】暗黒洞(あんこくどう)高校の対策と解説

暗黒洞高校

実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場している暗黒洞高校(あんこくどうこうこう)についての解説を行っています。

パワプロアプリでサクセスのプレイの参考にしてください!

アンドロメダ学園

【パワプロアプリ】アンドロメダ学園高校の立ち回りと攻略【最新版】

2019年12月8日

暗黒洞高校の基本情報

暗黒洞高校
  • アンドロメダ学園」で育成時に甲子園決勝で戦うことができます。
  • 過去の傾向から行くと、新高校と決勝で当たるチームは「シナリオ化」されやすい。
  • 現状固有キャラの表示はなし(今後追加されるかも?)

暗黒洞高校の登場選手

暗黒洞高校」では今まで登場しているイベキャラを、暗黒化したようなパワターに身を包み登場させています。

暗黒化例

暗黒洞高校
(暗黒あおい)

暗黒洞高校
(暗黒大豪月)

暗黒化による能力変化

現状確認されているのは、暗黒大豪月のみ改造が施されており他の選手たちは能力自体の変更はみられません。

あおいとみずきは「マリンボール」「クレッセントムーン」は失っています。

情報が更新され次第順次更新していきます。

暗黒洞高校の固有キャラクター(現状)

野手オーダー

暗黒洞高校

暗黒熱盛、暗黒パピヨンのみ固定、他の選手はモブ扱いである。

選手の能力は決勝相手のチームしては能力が低めに設定してある。

投手オーダー

暗黒大豪月、暗黒みずき、暗黒あおいの3人以外はモブ扱いである。

選手の能力は決勝相手のチームしては能力が低めに設定してある。

暗黒洞高校の選手能力の解説

暗黒大豪月(先発固定)

暗黒洞高校

大豪月の対策方法

  • オリジナルストレート「爆速ストレート」とストレート系の球種「ツーシーム」の上下の変化が厄介ですが、体感として「ツーシーム」を投げてくる可能性の方が若干高いので、ミートカーソルを若干下目にして投球を待つのをお勧めします。
  • 上記の方法は「SFF」を投げてくる可能性も考慮して対応できる幅が広がります。
  • 上記手順で「爆速ストレート」が来た場合無理に打ちに行くとフライになりやすくなるので注意が必要。

暗黒あおい(中継ぎ)

暗黒洞高校

暗黒あおいの対策法

  • 暗黒大豪月と違い、かなり球速が遅い為暗黒大豪月の感覚で振ってしまうとファールになってしまうので注意が必要。
  • シンカーは「マリンボール」ではないのでエフェクトが発生しない。
  • 落ちる球しかないのに加えて「ストレート」をあまり投げてこないので、ミートカーソルは下目の待機で問題ありません。

暗黒みずき(中継ぎ)

暗黒洞高校

暗黒みずきの対策法

  • 暗黒大豪月と違い、かなり球速が遅い為暗黒大豪月の感覚で振ってしまうとファールになってしまうので注意が必要。
  • スクリューは「クレッセントムーン」ではないのでエフェクトが発生しない。
  • 「ストレート」をあまり投げてこない。狙い球のおすすめは「スライダー」です。

暗黒パピヨン

暗黒洞高校

暗黒熱盛

暗黒洞高校

暗黒洞高校の今後の展望予想

  • 暗黒洞高校登場時のイラストが「円卓高校」で登場していた敵に似ている為、今後このあたりのシナリオに絡めてくる可能性もゼロではないかもしれません。
  • 現状次回のシナリオは「逆境転生クロスナイン」に決まっている為、登場は最短でも次々のシナリオになる。
  • 暗黒シリーズの選手が今後も追加されるかもしれません。
  • 「円卓高校」の「阿麻」がモブキャラからシナリオキャラに昇格した例もあるので、今後シナリオ実装が決まれば追加で誰かがシナリオキャラに昇格する可能性もある!?
The following two tabs change content below.
アバター

ティーケー

パワプロは4~始めて、22年目の古参ユーザーです!パワプロシリーズで好きなキャラは東條。 シナリオがバラエティーに富んで飽きない作りになっているところがパワプロの好きなところです。特にパワプロ8のドラフ島編は最高でした。 自身がもつ経験や知識を最大限に使って魅力ある記事を提供していけるように日々頑張っています!




暗黒洞高校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パワプロは4~始めて、22年目の古参ユーザーです!パワプロシリーズで好きなキャラは東條。 シナリオがバラエティーに富んで飽きない作りになっているところがパワプロの好きなところです。特にパワプロ8のドラフ島編は最高でした。 自身がもつ経験や知識を最大限に使って魅力ある記事を提供していけるように日々頑張っています!